メンズ

ファッションとして楽しめる最新トレンドのメガネを紹介

自分に合ったものを選ぶ

男性

メガネのイメージに変化が現れた

昔はメガネをかけている人はまじめとかがり勉などといったイメージがあり、メガネをかけていることはおしゃれでもなく、あまりよくないイメージの方が先行していました。しかし、最近はメガネをかけているのがかえっておしゃれに感じられ、特に視力が悪いわけではなくてもメガネをかけている人も多くなりました。視力が悪い人は度が入ったものを使用しますが、おしゃれ用に度が入っていないものもあります。いわゆる伊達メガネです。おしゃれに見せるポイントは、フレームでしょう。すべてはこのフレームで決まると言っても過言ではありません。フレームの形をかえるだけでその人のイメージは随分、変わるものなのです。しかしここに落とし穴があります。

自分に似合うフレームがあります

フレームの形も、ラウンド、オーパル、スクエアなどいろいろあります。ぱっと見た時に、自分が気に行った形のフレームが見つかるかもしれません。しかし、いざかけてみると、どうもしっくりこない時があるのです。それは自分の顔の形に理由があります。顔の形にも、丸顔や面長など、人によって違いがありますが、メガネのフレームも、その顔の形にあったものがあるのです。自分では敬遠していたフレームが、実は一番しっくりくることもあり、第一印象だけでは実際とは違う場合が多いのです。ですから、いろいろかけてみて自分に似合うメガネを選びましょう。メガネがおしゃれに見える人は、言いかえれば自分に合ったフレーム選びができている証拠でもあるのです。